小児科とは

小児科

主に中学生くらいまでのお子さんを対象としています。具体的には、小児特有の病気や感染症を中心とした診察・検査・治療になります。また小児科では、発達段階における成長の特徴もよく踏まえながら、親身で丁寧な診療をいたします。

当診療科でよく見受けられる症状は、風邪(発熱、鼻水・鼻づまり、たん、せき、のどの痛み など)、腹痛、嘔吐・吐き気、下痢、発疹、ひきつけ(痙攣)、おねしょ(夜尿症)、アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、気管支喘息、食物アレルギー など)といったものですが、原因は特定できなくても子どもがつらそうにしている、様子がいつもと違うという場合も遠慮なくご受診ください。

なお受診前にインフルエンザ、風疹・麻疹、水痘(水ぼうそう)など伝染性の疾患の発症が疑われるという場合は、ご来院の前に一度ご連絡ください。その後の受診方法について、受付スタッフがご説明しますので、その指示に従うようにしてください。

子どもによくみられる症状(例)

・発熱(生後3ヵ月未満で38℃以上の熱がある場合は要注意) ・鼻水、鼻づまり ・せき、痰 ・喉の痛み ・ゼーゼーする ・ひきつけ(痙攣) ・お腹が痛い ・おう吐、下痢 ・便秘 ・湿疹(ブツブツ) ・肌のカサつき ・機嫌が悪い ・泣き方がいつもと違う ・何となく元気が無い ・顔色が悪い ・食欲がない ・おねしょ(夜尿症) など

子どもが発症しやすい病気(例)

・風邪症候群 ・突発性発疹 ・インフルエンザ ・急性中耳炎 ・ヘルパンギーナ ・咽頭結膜熱(プール熱) ・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) ・扁桃炎 ・水痘(水ぼうそう) ・麻疹(はしか) ・風疹 ・手足口病 ・溶連菌感染症 ・りんご病(伝染性紅斑) ・水いぼ(伝染性軟属腫) ・とびひ(伝染性膿痂疹) ・ウイルス性胃腸炎 ・アトピー性皮膚炎 ・気管支ぜんそく ・花粉症(アレルギー性鼻炎) ・おむつかぶれ ・あせも ・細気管支炎 ・肺炎 など