在宅診療とは

在宅診療

医師や医療従事者(看護師 など)が、通院困難とされる患者様のご自宅などを定期的に訪問し、外来(通院)と同様の診療が受けられる医療制度のことを在宅診療と言います。診療内容に関しては、先にも述べたように外来時とほぼ変わらず、診察、検査(血液、尿、心電図 など)、注射(静脈点滴)、治療(褥瘡のケア など)、薬の処方、看護、健康管理等といったものになります。

また訪問回数については通常は月2回程度としていますが、訪問回数をもう少し増やして欲しいなど、ご要望がある場合は個別にお申し出ください。

往診について

在宅診療を行っている患者様が突然の体調不良に襲われ、ご本人様やご家族方の要請に応じて医師などが訪問予定日以外の日に患者様の元を訪れる場合を往診と言います。この往診につきましても当院で行っております。なお往診による診察の結果、入院加療が必要と医師が判断すれば、当院と病診連携している総合病院などに円滑に入院できる手配もいたします。

対象となる患者様について

在宅診療の対象につきましては、通院が困難とされる患者様になります。したがって、年齢、性別、疾患および症状の程度を問うことはありません。具体的には、以下のような方が該当します。

  • 医療機関への通院が困難な方
  • 在宅での療養を希望される方
  • 退院後のケアが必要な方
  • 認知症の方
  • 寝たきりの方
  • がん末期、神経難病、重度の障がいがある方
  • 在宅療養が必要な慢性呼吸器疾患の患者様
  • 胃ろうや尿道カテーテルを使用している方 など

在宅診療を開始するまでの流れ

在宅診療を希望される場合、診療時間内にお電話等でご連絡ください。その際に簡単ではありますが、ご要望等をお聞きします。その後、医師や事務員がご自宅を訪問(ご来院をお願いすることもあります)し、ご要望のヒアリングのほか、在宅診療の条件を満たしているかの確認も行っていきます。その結果、同診療の対象者であると判断され、診療内容等にご同意いただけた場合にご契約となります。契約後は、その内容に従って医師や医療従事者が定期的に訪問日にご自宅へ伺い、診療を行っていきます。

費用や対象地域に関して

在宅診療は各種保険適用となります。つまり保険の種類などによって、自己負担額は異なります。また対象地域に関しては、当院から車両移動で30分ほどの範囲にある地域としています。費用や訪問対象地域の詳細はもちろん、その他気になることにつきましてもお気軽にお問い合わせください。