消化器内科とは

消化器内科

消化器内科では、1本の消化管の中で構成されている食道、胃、腸といった各器官で現れる病変や異常をみるほか、消化管に関連する胆嚢、肝臓、膵臓といった臓器も対象となります。

急な腹痛、嘔吐・吐き気、下痢といった症状がある場合は、まず内科において診療することもありますが、その原因がウイルスや細菌による感染性胃腸炎なのか、日頃の生活習慣によるものなのか、あらゆる可能性を考慮しながら診察いたします。このほか、消化管に関連する臓器で発症した潰瘍、腫瘍、結石などによる診察、検査、治療も行います。

詳細な検査が必要と医師が判断した場合、レントゲン撮影や腹部超音波検査(腹部エコー)といった画像検査はもちろん、胃カメラや大腸カメラを用いた内視鏡検査で診断をつけることもあります。

胃カメラ(食道・胃内視鏡検査)は→こちら
大腸カメラ(大腸内視鏡検査)は→こちら

消化器内科でよくみられる症状(例)

  • お腹の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 吐き気がする
  • 胸やけがする
  • 便秘がちである
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 食欲が無い
  • 急に体重が減少した
  • 顔色が悪いと言われる など

消化器内科でよく見受けられる主な対象疾患

・逆流性食道炎 ・食道カンジダ症 ・急性胃炎 ・慢性胃炎 ・胃・十二指腸潰瘍 ・ピロリ菌感染症 ・機能性消化管障害 ・感染性胃腸炎 ・急性腸炎(虫垂炎、憩室炎、虚血性腸炎など) ・便秘症 ・下痢症 ・過敏性腸症候群(IBS) ・クローン病 ・潰瘍性大腸炎 ・脂肪肝 ・急性肝炎 ・慢性肝炎 ・肝硬変 ・胆石 ・胆嚢炎 ・胆嚢ポリープ ・急性膵炎 ・慢性膵炎 ・食道がん ・胃がん ・大腸がん ・肝がん ・胆嚢がん ・膵がん など